日々の雑記。

気になったこととか感じたこととか。

ネット関連

【2017年11月】メルカリ3つのルール変更点まとめ

投稿日:

2017年11月14日、メルカリは3点の仕様変更を発表しました。

売上金を利用した商品購入ができなくなったり、売上金の振込申請期限がこれまでの1年から90日に変更されるなど、正直利用者にとっては改悪ともとれる変更ですが、これにはいろいろ事情がある模様。

なお、新ルールは12月上旬から適用されるようです。



スポンサーリンク

変更点1:初出品時の本人情報登録が必須に

初めてメルカリで出品する際、初回のみ本人情報(住所・氏名・生年月日)の登録が必須に。
また、登録した氏名と、売上金の振込口座名義が一致しない場合は売上金を振り込むことができないとのこと。

これは、偽ブランド品や盗品の出品の抑制につながりそうですね。

ただし、

家族名義の口座や婚姻等による改姓等のため名義が異なる振込口座をご利用される場合等は、事務局にお問い合わせください。

-メルカリからのメールより

だそうです。

変更点2:売上金の利用方法の変更

今まではメルカリサイト内にストックされた売上金を使って、他の商品を買うことができました。
これ、いちいち振り込みに行ったりする手間がかからず便利でしたよね。

しかし、それができなくなり、

売上金→売上金でメルカリポイントを購入(1ポイント=1円)→ポイントで商品購入

となるようです。

なぜ、改悪ともとれるような変更をしたのでしょうか?

「資金決済法」の対策か?

かねてからメルカリは、利用者の売上金を最大1年間預かる仕組みであったため、資金決済法で定められる「資金移動業者」では?といわれていました。

資金移動業者となると、会社の破産や営業不振から利用者を守るため、預かっている資金の100%以上の額を供託しなければいけません

そこで、今回メルカリは「資金移動業者」ではなく、同じく資金決済法で定められる「前払式支払手段発行者」として登録を行うことにしたようです。

前払式支払手段発行者は、3月末あるいは9月末の未使用ポイント残高が1,000万円以上の場合、その未使用残高の2分の1以上を供託すればよいのです。

メルカリはテレビCMなどの広告宣伝費にお金をかけて急成長してきましたから、資金移動業者ではなく、前払式支払手段発行者として登録して供託金を少なくすることを選んだようですね。

変更点3:売上金の振込申請期限が1年から90日に

振込申請期限が短くなります。
売上金は期限までに振込申請をするか、メルカリポイントを購入しなければいけません。

これは変更実施日からの適応になるので、その前に持っている売上金に関しては変更されないようです。

期限までに申請や利用がなかった場合は、自動的に登録口座に振り込みがされます!
必ず振込口座の登録をしておきましょう。

まとめ

これらの変更が適用されるのは12月上旬(予定)です。
メルカリさんにもいろいろ事情があるようですね…。

しかし前から資金決済法関連のことはいわれていたようなので、今回前払式支払手段発行者として登録することで利用者も安心できるのではないでしょうか。

参考サイト:
フリマアプリ「メルカリ」仕様変更のお知らせ-メルカリ



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-ネット関連
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

アドセンスのPINコード、やっと届きました!届かない場合は住所を確認してひたすら待つべし!

アドセンスの収益が一定基準に達すると自宅に送られてくるPINコード。 なかなか届かずもうすぐ広告配信が停止されそう…! と思っていたらやっと届きました! スポンサーリンク ContentsPINコード …